朝活やってみた感想

スポンサーリンク

約4か月間早起きして、その時間を勉強にあててみました。朝活と言うやつですw

朝活を始めるまでは「時間を確保できれば、いつ勉強しても変わらない」と考えていましたが、実際に朝活をやってみると、朝の時間は自分の時間に充てられる貴重な時間でした。

今回は朝活をやってみてわかったことを紹介します。

朝活のメリット

確実に勉強の時間が確保できる

朝活の一番のメリットは勉強の時間が確実に確保できることです。

「仕事が終わってから勉強しよう」、「寝る前に勉強しよう」と考えていると、飲み会や急用が入ると勉強ができなくなってしまいます。

しかし、朝早起きをすることで朝の時間を勉強にあてることができます。

出勤する前は予定が入りにくいので、朝の勉強は誰にも邪魔されません。この時間はすごく有効活用できるのです。

頭が働く

朝の静かな時間は集中できるのです。この時間は、仕事終わりに勉強するよりもすごくはかどります。

早起きして、コーヒーを飲みながら読書や勉強をした後に出社すると、脳のエンジンがかかったまま仕事に着手することができます。

そのおかげで朝活を始めてから仕事もうまく進むようになりました。

yasu
yasu

バグはちょこちょこだしていますが。。。。

朝活は慣れるまでが厳しい

結構言われていることですが、朝活を初めて2週間くらいはすごくキツイです。

朝活を始めるまで、朝はギリギリまで寝ている習慣だったので、体が言うことを聞いてくれませんでした。

無理やり起きて頑張っていましたが、慣れるのに2週間くらいかかりました。

しかし、習慣というのは慣れていくものなので、3週間目くらいからは決まった時間に起きることに慣れてきました。

現在は平日だけでなく、休日も早めに起きられる体になりました。

ちなみに、朝活で早起きを始めると、夜寝る時間も早くなります。

朝活の始めた時期は眠たくて仕方ないですが、自然と早起きするためには早寝が必要だと体が認識してきます。

朝活はぜひおすすめします。

僕も朝活を始める前は夜でも時間は作れると思っていましたが、やはり仕事が終わると疲れているし、人付き合いなどの予定が入るとうまく時間を確保できません。

そんな課題を解決してくれるのが早起きする朝活です。

最初にも述べましたが、朝は確実に時間が確保できる時間帯です。この時間をうまく有効活用して勉強などの自己啓発にあててみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました