【AWS】RDSのスナップショットの取得・復元方法

スポンサーリンク

RDSのスナップショットを手動取得・復元・削除を行う機会がありましたので、書き留めます。

 

スナップショットを手動で取得する

RDSのメニューからデータベース一覧を表示します。

スナップショットを取得するインスタンスにチェックをいれて、「アクション」プルダウンから「スナップショットの取得」を選択します。

 

スナップショット名を入力します。スペースやアンダーバーは使えないようです。

スナップショットの取得をクリックします。

 

スナップショットの取得処理が開始されますので、「作成中」から「利用可能」になれば手動取得の完了です。

 

yasu
yasu

スタンスが削除されるタイミングですべて削除されてしまいます。

 

スナップショットを復元する

RDSのメニューからスナップショット一覧を表示します。

復元するスナップショットにチェックを入れ、「スナップショットのアクション」プルダウンから「スナップショットの復元」を選択します。

 

インスタンスの設定項目を入力し、「DBインスタンスの復元」をクリックします。

※セキュリティーグループの選択に気を付けてください。

 

ステータスが「作成中」から「利用可能」になれば、復元の完了です。

削除方法

削除も結構てこずったので書き留めます。

デフォルトのままだと削除できませんので、削除保護を無効にします。

RDS名をクリックし、右上の「変更」を選択します。削除保護の有効化からチェックを外します。

変更のスケジュールは「すぐに適用」にしましょう。

削除するインスタンスにチェックをいれて、「アクション」プルダウンから「削除」を選択します。

下記画像同様にチェックを入れ、テキストボックスに「delete me」入力し、削除ボタンをクリックします。

 

削除されます。

タイトルとURLをコピーしました