私服勤務をしてみた感想

スポンサーリンク

スーツ着用企業から私服OKの企業に転職して4か月くらい経ちました。

ずっとスーツを着用していた身からすると私服勤務ってあこがれますよね。

もちろん私服で通勤したいから転職した訳ではありませんが、入社までは仕事内容と同じくらい私服勤務にわくわくしていましたw

(さすがに入社当日はスーツで行きましたよw)

今回は私服勤務についての感想をお伝えします。

ちなみに、沖縄の場合は1年の半分以上をかりゆしウェアで勤務しますが、かりゆしウェアもスーツとしてお話します。

※かりゆしウェアとは沖縄版のアロハシャツで、冬以外はかりゆしウェアで勤務する企業が多いです。県庁職員もかりゆしウェアで勤務しています。

 

私服勤務のメリット

リラックスできる

先に結果を言いますと、私服の方がリラックスして仕事に集中できる気がします。

「スーツだと気合が入る」と言う人もいますが、僕の場合は肩に力が入っているような気がします。

そんなの気持ちの問題かもしれませんが、その気持ちが大事なのです。

仕事中には思いつかなかったことがお風呂やベッドの中でピンとくることがあると思います。

その感覚が仕事中にも起きることが多くなりました。

コストを削減できる

スーツやシャツはクリーニングに出すお金がかかってしまいますが、私服は洗濯しちゃえばOKです。

さらに、アイロンの時間も削減できたりします。お金と時間を節約できるなんてすばらしいですよね。

 

私服勤務のデメリット

スーツ着用企業にいると、仕事用の私服がないのですw

なので、仕事用の私服を購入するコストがかかります。

僕の場合はユニクロやGUで購入しましたので、1万円あれば、洋服3着とズボン1着購入できます。

yasu
yasu

スーツの値段で考えると私服のメリットにもなるかもしれませんね

 

私服勤務はメリットが多いです

私服勤務を経験してみて、メリットがすごく多いので、導入する企業が増えるといいですね。

身をもってメリットを感じれば、求人にも私服勤務OKで差別化が図れたり、私服勤務OKで募集する人も増えるのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました