【AWS】centos7の容量拡張

スポンサーリンク

EC2インスタンスの作成時にディスクをデフォルトのままの8Gで作成してしまった場合にディスクを拡張する方法を紹介します。

対象はcentos7です。

yasu
yasu

centos6の拡張方法はこちらで紹介しています。

 

 

変更前の状態

変更前のサイズは8Gです。

[centos@ip-10-0-1-206 ~]$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda1      8.0G  885M  7.2G  11% /
devtmpfs        473M    0  473M  0% /dev
tmpfs          495M    0  495M  0% /dev/shm
tmpfs          495M  13M  482M  3% /run
tmpfs          495M    0  495M  0% /sys/fs/cgroup
tmpfs            99M    0  99M  0% /run/user/1000

 

[centos@ip-10-0-1-206 ~]$ lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  8G  0 disk
mqxvda1 202:1    0  8G  0 part /
[centos@ip-10-0-1-206 ~]$

 

コンソール画面での操作

EC2コンソールからボリュームメニューを選択します。

対象のインスタンスを選択し、アクションから「ボリュームの変更」を選択します。

 

サイズを変更します。ここでは8Gから10Gに変更しています。

 

確認画面が出てきた「はい」をクリックします。

CentOSでの操作

まずはlsblkコマンドでディスクの拡張が完了していることを確認します。

[centos@ip-10-0-1-206 ~]$ lsblk
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 10G 0 disk
mqxvda1 202:1 0 8G 0 part /
 
xfs_growfsコマンドでファイルシステムを拡張します。
[centos@ip-10-0-1-206 ~]$ sudo xfs_growfs /dev/xvda1
meta-data=/dev/xvda1 isize=512 agcount=5, agsize=524224 blks
= sectsz=512 attr=2, projid32bit=1
= crc=1 finobt=0 spinodes=0
data = bsize=4096 blocks=2621120, imaxpct=25
= sunit=0 swidth=0 blks
naming =version 2 bsize=4096 ascii-ci=0 ftype=1
log =internal bsize=4096 blocks=2560, version=2
= sectsz=512 sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none extsz=4096 blocks=0, rtextents=0
[centos@ip-10-0-1-206 ~]$
 
 
再起動します。
sudo shutdown -r now
 

割り当て完了を確認

再起動後、ディスクサイズの拡張を確認できます。

[centos@ip-10-0-1-206 ~]$ lsblk
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 10G 0 disk
mqxvda1 202:1 0 10G 0 part /
[centos@ip-10-0-1-206 ~]$
 
[centos@ip-10-0-1-206 ~]$ df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda1 10G 886M 9.2G 9% /
devtmpfs 473M 0 473M 0% /dev
tmpfs 495M 0 495M 0% /dev/shm
tmpfs 495M 13M 482M 3% /run
tmpfs 495M 0 495M 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 99M 0 99M 0% /run/user/1000
[centos@ip-10-0-1-206 ~]$
 
タイトルとURLをコピーしました