【AWS】python3のインストール

スポンサーリンク

lambdaを使いたいために、Amazon Linuxにpython3をインストールしてみました。

Amazon Linuxにはpython2がデフォルトでインストールされていますが、python3が使いたかったためpyenvを利用してインストールしました。
 
楽するためにgitを利用して環境を作っています。

python3のインストール方法

gitとその他、必要なソフトをインストールします

 
sudo yum install gcc gcc-c++ make git openssl-devel bzip2-devel zlib-devel readline-devel sqlite-devel
 

gitからpyenvをインストールします

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

yasu
yasu

pyenvはpythonのバージョンを複数保持できるツールです。

これにより、pythonの2と3を混在させ、用途によって切り替えることが可能になります。

パスを通します

bash_profileを編集します。
方法はいろいろありますが、この記事ではviエディタで編集します。
vi ~/.bash_profile

 

末尾に以下設定を追加します。

eval “$(pyenv init -)”
 
 
 
bashrcも編集します。
vi ~/.bashrc
 
末尾に追加します。
 
export PYENV_ROOT=”${HOME}/.pyenv”
if [ -d “${PYENV_ROOT}” ]; then
export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
eval “$(pyenv init -)”
fi
 
再読み込みします。
SSHの再接続(ログイン)でも構いません。
source ~/.bash_profile
source ~/.bashrc
 

インストール可能なpythonのバージョンを確認します。

以下コマンドでインストール可能なpythonの一覧が表示されます。

pyenv install -list
 
とりあえず最新っぽい3.7.5をインストールします。
pyenv install 3.7.5
 
yasu
yasu

ちゃんと自分の環境(やりたいこと)にあったバージョンをインストールしてください。

 

pyenvのバージョンを確認します。


インストールしただけではpythonのバージョン指定ができていませんので、3.7.5に切り替えます。
 
pyenv global 3.7.5

pythonのバージョンを確認します。
 
python -V
「Python 3.7.5」のようにインストールしたバージョンになって入ればOKです。
 
上手くいかない場合は、環境変数を疑い、「bash_profile」か「bashrc」を見直してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました