【AWS】LambdaをCURLから実行してみる

スポンサーリンク

前回作成したLambdaをAPIで実行してみます。

yasu
yasu

Lambdaの作成方法はこちらです。

 

APIGatewayを作成する

APIGatewayコンソールを開きます。

初めて開いた場合は以下画面が表示されますので、「今すぐ始める」ボタンをクリックします。

 

アクションボタンから「メソッドの作成」をクリックします。

 

「GET」を選択し、適用(チェックマークのボタン)をクリックします。

 

Lambdaを選択し、他の項目も自分の環境にあわせて選択します。

APIGatewayのテスト実行します。

左上に表示されるテストマークをクリックします。

テスト結果が表示されます。

レスポンスのステータスが200(成功)でbodyもLamdbaの時と同じ結果ですね。

PAIキーを作成する

作成したAPIページから「APIキー」メニューを選択し、アクションボタンから「APIキーの作成」をクリックします。

名前、APIキーを入力します。

APIキーはどちらを選んでも問題ありません。面倒な方は自動生成を選んでください。

APIキーが作成されると、APIキーが表示されます。

このAPIキーはLambdaへアクセスができるキーになりますので、流出には気を付けてください。

※このAPIキーは途中から消しています。

 

作成したAPIの画面から「メソッドリクエスト」をクリックします。

APIキーの必要性を「true」にします。

デプロイする

API設定しただけではまだ外部からのアクセスはできません。

デプロイ(公開)する必要があります。

アクションボタンから「APIのデプロイ」クリックします。

ステージ名を入力し、デプロイボタンをクリックします。

CRULで実行してみる

curl -H “x-api-key:APIキー” “https://APIのID.execute-api.リージョン.amazonaws.com/ステージ”

 

curl -H “x-api-key:dinERZr9aM53C70NkfQANba2Jdtvmbb6rDjtfLri” “https://hkkd4pp1q8.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/dev”

 

{“statusCode”: 200,

“body”: “\”\\u3053\\u3093\\u306b\\u3061\\u306f\\uff01\\u30e9\\u30e0\\u30c0\””}

 

タイトルとURLをコピーしました