年俸制って結構いいですね

スポンサーリンク

ボーナスと聞けば、わくわくしますよね。

ボーナスが入ると欲しいものが買えたり、奨学金を返したりと様々な使い方ができます。

就職や転職時の指標になるのボーナス(賞与)な訳ですが、最近では、年俸制でボーナスが出ない会社も多いです。

年俸制の会社を経験してみて、「年俸制って結構いいな」と思ったので、その理由を紹介します。

年俸制とは

細かい取り決めは会社によって異なりますが、1年の収入を決めて12か月で割ります。

例えば、年収300万の年俸制とすると、毎月25万が基本給となります。

会社によりますが、福利厚生費(手当)を含めての金額なのか、基本給のみで計算した年収なのかは確認しましょう。

この場合だと、基本給のみで計算された年収がいいです。

(基本給+福利厚生になるので総支給が増えます。)

年俸制は労働者が不利になることもありますので、提示額の内訳まで確認しましょう。

yasu
yasu

ちなみに、「年俸制なので残業代が出ない」と言う話を時々聞きますが、それは違法です。残業分は支払わないといけません。

年俸制のメリット

この制度のメリットはボーナスが出なくてもボーナスを含めた金額で契約することができます。

僕の例ではボーナスありの会社から年俸制の会社へ転職しました。

その際に前職の年収(ボーナスあり)を提示して契約することができました。

つまり、ボーナスが出ない会社でもボーナスを含めた給料をもらえます。

年俸制の場合、ボーナスが出ないことが多いのですが、ボーナスを分割で毎月もらえていると考えるとボーナスの有り無しなんて関係ありません。

毎月分割されているので、ボーナスが入るまで欲しいものを我慢することもなくなりました。

個人的には年俸制があっていました。

とはいっても、ボーナスもらえた時のあのうれしい気持ちはなくなりますw

ボーナスがもらえると決まって、わくわくしながら使い道を考えることはなくなりました。

それでも、僕は年俸制がいいなと思っています。

理由はシンプルで、ボーナスが分割されているのでボーナス支給まで我慢する必要がないからです。

毎月のカツカツ感がなくなるだけで心に余裕もできました。

ざっくりとした内容ですが、就職や転職先が年俸制の会社の方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました