いいことばかりではない!?沖縄移住について

スポンサーリンク

4月からの入社に向けて転職活動をしている人が多くなってきましたね。

最近、僕の勤めている会社に面接を受けにきている方で、沖縄移住を考えている人が増えています。

主に首都圏出身者が多く、田舎で海を見ながら生活したいって方が多いですね。

僕は沖縄出身者ですが、移住者の友人も数名おり、苦労話を聞いています。

今回は沖縄移住者を考えているひと向けに移住者が苦労するところを紹介します。

沖縄ってどうなの?移住考えているけど...
沖縄のいいところを紹介しているブログは沢山あるので、今回はあえていまいちなところを紹介します。

移住当初はぼっち

地方から東京への移住と、東京から地方への移住は状況が違います。

東京には地方出身者も多いため、県民会と言う県民の集まりがあったり、上京仲間にもすぐに会えたりします。

しかし、東京から地方の場合は東京出身者も少なく、特に沖縄では隣の県(鹿児島)の友達と会うにも容易ではありません。

そのため、ストレスの解消方法が見つからず帰ってします方も多いのです。

それでも勉強会や趣味のイベントなどに積極的に参加できる方であれば、すぐに友達はできるでしょう。

移住するときに注意すること

今所有している家具は買い直し

そのまま東京から持って行く選択肢もあるのですが、輸送費が高く、移住者のほとんどが家具を買い直しています。

アマゾンで購入し、引っ越し先に送る方法がいいみたいですね。

車はほぼ必需品です

沖縄には電車がないため、勤務地と自宅の場所によっては車通勤になる可能性が高いです。

モノレールもありますが、路線が限られているため、モノレールだけで移動できるわけではありません。

また、バスの通勤は車よりも時間がかかるため、バス路線の多い那覇以外への通勤は車通勤をお勧めします。

食品は都内よりも高いです

家賃は東京に比べて安いのですが、食品に関しては高いです。

はやり輸送に費用がかかってしまうため、どうしても高くなってしまいます。

県産品は安く購入できますが、県外から仕入れている野菜やお肉は高いのです。

yasu
yasu

豆腐、もやしが19円を沖縄で見たことがありません

 

都内に比べてイベント・サービスは少ない

海に囲まれている沖縄だと都内と比較してイベントなどは少なくなります。

ライブは機材の運搬費が高いためインディーズバンドはなかなか来られないそうです。

また、他県からの参加が難しい生き物系のイベントやオフ会もなかなかありません。

イベントへの参加が趣味な方は気を付けてください。

不便になることは確実ですが、住みやすい環境です

遊びなどは断然東京の方が豊富だし、移住にかかるコストも高いです。

しかし、家賃は安く生活水準は東京よりも下がることは間違いありません。

移住予定者はメリットデメリットを考えてからの移住をお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました