僕がエンジニアになった理由

スポンサーリンク

最近エンジニアスクールの広告や記事をよく見るなーと思っていましたが、エンジニアが流行?しているみたいですね。子供のなりたい職業ランキングでも上位に入っていましたね。

エンジニア志望者が増えてるようなので、僕がエンジニアになった理由を書いていきたいと思います。参考にしていただけるとうれしいです。

初めてPCに触ったのは高校の頃

情報学科に入学した時に初めてPCを触りました。授業内容はタッチタイピングの練習やExcelの関数を使ったりする授業を受けて「パソコンすげー」って思ったのがきっかけです。放課後になると、ExcelをマスターするためにPC教室に行って毎日SUMやVlookupで遊んでいました。

その頃はプログラムについては何もわかっていなかったので、とりあえずExcel極めるぞーって理由で大学も情報学科へ進学しました。専門も考えましたが、この時はエンジニアになりたいと考えていなかったので、とりあえず大学へ進学しましたね。

大学の授業でプログラムと出会う

大学の講義で僕は初めてプログラムに触りました。コマンドラインで文字を出力するだけですが、僕の中ですごく興味が湧いて講義以外でも教科書を一人で黙々進めていきました。

内容は難しいものではなく、for文でピラミッド(*を改行して表示)を作ったり、入力した数字を足し算させたりして遊んでいましたwそのころは何が作りたいとか目標はなく、教科書通りにプログラムを動かして満足していました。また、検索能力(ググる)も全くないので、なんでエラーがでているのか理解していないけどとりあえず動くまで実行するスタイルでしたw

でも毎日触っていると、だいたいどのキーワードで検索したらいいのかわかってくるので、色々調べながらWebシステム作ったり、androidアプリ作ったりしていました。そこからIT企業で働きたい、システムを作りたいと意欲が増してIT企業への就職を決意しました。

やっぱり好きだから続けられた

学生の頃にプログラムをずっとしていましたが、それは好きだからできたことだと思います。 正直プログラムについては勉強というか趣味に近いと思います。実際、エンジニアを仕事にしてからも家でプログラム触っています。

また、僕は国語や数学などの勉強は嫌いでした。しかし、プログラムの勉強となるとなぜか集中して取り組めますし、プログラムの数式だと数学のブログを見て勉強したこともあります。

エンジニア志望者へ

エンジニアのツイッターやブログを見ているとご存知だと思いますが、仕事以外でも勉強していることが多いです。勉強の習慣がついていないと、だいぶ辛い思いをする可能性があります。

僕はPCにさわって10年目になりますが、正直まだまだだと思っています。特にSNS発信している方たちに追い付くには人生2週しないといけないと思っていますwでも僕はこの業界が好きですし、エンジニアとしてのプライドも持っています。この競争の激しい業界で生き残るぞ!という思いも持っています。

スクールに通うのもありだと思いますし、独学で頑張るのもありです。ただ、そこでの頑張りを入社後も続けていけるのか考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました