辛いことをたえているあなたへ

スポンサーリンク

先日、友人との飲み会にて「毎日仕事に行くのが辛い」、「職場に行きたくない」などの話を聞きました。

正直愚痴を聞くはあまり好きではないのですが、僕も前職では同じ境遇だったことを思い出して聞いていました。

今回は僕の考えである「嫌なことを耐えてまで今の仕事・職場へ行く必要はない」について書いていきます。

辛いことを耐えてまで行く必要はありません

はじめに、この記事での辛いとは「一時的な辛いこと」ではなく、やりたくない仕事をずっと続けていたり、ハラスメントで職場にいることが辛いということです。

今の状況を耐えている方に考えていただきたいことがあります。

耐えた先の未来の自分は幸せそうですか?

今の仕事が心から好きになれますか?またはハラスメントがなくなれば楽しくなりますか?

YESと思った方は耐えた先に未来がありますので、耐える選択をするのもありです。

しかし、NOだと思った方は耐えることをやめましょう。

耐えた先に未来がないのなら、耐える意味がないじゃないですか。

耐えることをやめる

色々方法がありますが、簡単なのは転職して環境ごと新しくすることです。

しかし、転職することで解決できるとは限りません。

そのため、一番スマートなのは部署移動で解決できるのならば、部署を移動しましょう。

または、相談して解決できるのならば、上司や人事に相談してみましょう。

それでもダメだった場合に転職を考えてください。

決断は自分でしましょう

辛い基準は人それぞれです。自分で決断したことを実行しましょう。

僕の場合は人にも環境にも恵まれていましたが、やりたい仕事ができず、数年後を見ても成長していない自分の姿が浮かび、それが辛くて転職を決断しました。

その結果、今は会社に行くことが楽しく、やりたい仕事もできています。

もちろん、すべてが楽しい訳ではなく、障害や原因不明の調査など辛いこともありますが、一時的な辛さなので、なんてことないです。

行動したら何かしらの結果は得られます。皆さんも決断したのらば実行してみましょう。

yasu
yasu

辛いことに耐えているよりも可能性が広がりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました