Ubuntuにapacheをインストールする

スポンサーリンク

Ubuntuにapacheをインストールしました。

OSが変わると色々苦戦したのでメモとして残します。

環境

重くなったPCを初期化して、ubuntuをインストールしています。

※仮想OSではないです。

apacheをインストール

ターミナル(端末)を開きます。

 

apacheをインストールします。

sudo apt install apache2

 

起動の確認をします。

sudo service apache2 status

起動中の場合は「Active: active (running)」が表示され、

停止中の場合は「Active: inactive (dead)」が表示されます。

テスト表示してみる

以下の階層へ移動します。

cd /var/www/html/


vi test.html」コマンドで以下のコードを書きこみます。

<html>
<h1>テスト表示</h1>
</html>
yasu
yasu

開いた直後は参照モードですので、「i」キーを押下すると、挿入モード(入力ができます)になります。

参照モードに戻るには、「Esc」を押下します。

 

参照モードに切り替えて、「:wq」で保管して閉じます。

yasu
yasu

参照モード、挿入モードを切り替えすぎてよくわからなくなった場合は参照モードにして、「:q!」で保存しないで閉じましょう。

 

ブラウザからアクセスしてみましょう。

URLバーに「http://localhost/test.html」を入力してみましょう。

テスト表示が表示されるはずです。

文字化けしていたら

ファイルの文字コードを調べてみます。

file -i /var/www/html/test.html


「charset=us-ascii」のように、日本語に対応していない文字コードの場合は文字コードを変更しましょう。

 

まず、viなどで対象ファイルを開きます。

vi /var/www/html/test.html



参照モードで以下の設定を追加します。
「:set fileencoding=utf-8」

「:wq」
で保管します。

もう一度実行します。

file -i /var/www/html/test.html

「charset=utf-8」が戻ってきたらOKです。

もう一度アクセスしてみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました