フリマアプリが高く売れるとは限らない

スポンサーリンク

今回は僕が勉強になったことをお伝えします。

フリマアプリでなかなか売れないものは実店舗のリユースショップで高く売れることもあります。

自分で価格設定ができるフリマアプリの方が高く売れると思いこんでいましたが、リユースショップの買取キャンペーンで〇〇%アップを狙っていくと結構高く売れたりします。

僕は店員と話すことが怖くて今まで避けていましたが、フリマアプリで売れない商品が溜まってきたので思い切って足を運んだのがきっかけでした。

フリマアプリとリユースショップどこで売るかの基準

僕の売り方ですので、参考までにお願いします。

希望額5,000円の腕時計を3,000円まで値下げしても売れなかったのに、リユースショップでは、4,000円で売れた実体験でご説明します。

まずはフリマアプリへ出品

まずはフリマアプリで自分の希望価格よりもちょっと高く設定します。

例えば、5,000円で売りたい腕時計だと価格を6,000円~7,000円に設定します。

これは、値下げ交渉対策です。

すぐに売れたらラッキーですが、誰も購入してくれない状態が続くと、5,000円くらいまで値下げできないか交渉してきます。

双方納得のいく金額だと取引完了です。

値下げしても売れなかったら

ここからがリユースショップ利用の分岐点ですが、希望額(5,000円)でも誰の目にもとまらないと、自分から値下げしていく必要があります。

ここからが注意点です。

フリマアプリによっては仲介手数料がとられる場合もあり、さらに送料も負担しなければいけまん。

手数料と送料が引かれることを考慮し、自分に入ってくるお金が1,000円くらいの場合はリユースショップを検討してください。

実際に僕はフリマアプリで3,000円まで落としましたが売れなかったため、リユースショップに売ることを決めました。

いざ定員のいるリユースショップへ

買取カウンターで査定をお願いし、査定が終わると、買取金額が提示されます。

買取金額でOKなら売却します。

思ったよりも安ければ、売却しない選択もできます。

僕の場合は4,000円ちょっとで売れました。

この時買取キャンペーンをやっていたので、普段よりも高く買い取ってもらいました。

安価なものはやっぱりフリマアプリで売る

「リユースショップでも高く売れます」と説明しましたが、本や定価自体が1,000円以下のものはフリマアプリが高く売れます。

リユースショップは本来買取金額よりも高く売って利益を生み出す商売です。

そのため、定価が安いと買取金額も安くなるのは当然です。

定価・買い手の用途を考えて希望額とサービス(フリマアプリかリユースショップかなど)を決めましょう。

タイトルとURLをコピーしました