本の要約動画を見ても読んだことにならない

スポンサーリンク

これは数年前の僕にもぜひ伝えたことなのですが、本が読むことが苦手でYouTubeなどの要約動画を見て満足している方はいませんか?

それ、読んだことになりません!

僕も本を読む習慣がなく、要約動画を見ては読んだ気になっていました。

実際、本を読んでも勉強になったことって数個くらいしかないこともあり、読む時間が無駄に感じてしまう気持ちもわかります。

しかし、要約動画で見た本を実際に読んでみると、なんか違うなと思ったので、今回は要約動画だけでは本を読んだことにはならない理由について紹介します。

要約では本を読んだと思わない理由

ちょっと時間はかかると思いますが、僕の言ってることを聞いてもすぐに納得はできないと思いますので、まずは自分の気になる本の要約動画で見て、その次に要約動画で見た本を読みましょう。

順番は守ってください。要約動画よりも先に本読むと本の内容が頭に入っているので要約動画との違いに気付きにくくなります。

本を読み終わるとわかると思いますが、要約動画って本の内容全てが入っている訳ではないんです。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、要約動画は本を読んだ人が大事だと思った部分をピックアップしているんです。

つまり、あなたが本を読んで重要だと思った情報と、要約動画から得られる情報に差が発生することになります。

さらに、要約は作った人の主観も入っているので、解釈が少し違うなと思うこともあります。

本は知識を得るためのツールなので、大事だと思った(欲しいと思っている)情報を引き抜くかが大事だと考えています。

読みたいと思った本は実際に読んでみましょう。

 

要約動画は本探しに有効な手段です

とは言っても要約動画、実は僕もめちゃくちゃ見ています。

書店に行く習慣がないので要約動画を見て、自分に必要な情報があると本を買っています。

得るものが多い要約動画でも、実際に読むことでさらに大事な情報を取得できたりしますね。

ちなみに、同じ本の要約動画を複数見ることも手段の一つです。

「なんか言ってること違うな」、「前の動画ではこんなことは言ってなかったな」など本から得られる知識を探す手段として時々使います。

要約動画はあくまで本のざっくりした内容をつかむための手段にし、いいなと思った本は読んでみましょう。

本に苦手意識がある方は億劫だと思いますが、欲しい情報が得られればいいので、全部ガッツリ読む必要はないと思います。

まずは、要約動画だけでは得られない情報があることを実感していただきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました