場所を変えると働きやすい

スポンサーリンク

コロナウイルスの影響で在宅勤務を行っている方も多いと思います。

もともと在宅勤務OKな会社なのですが、家では集中して仕事ができないので出社して仕事をしていました。

憧れのリモートワークの感想
憧れのリモートワークを経験した感想です。リモートワークには向き不向きがあるのです。

コロナウイルスの影響で在宅が推奨されたことを機に本格的に在宅勤務になりました。

在宅勤務をしばらく続けていると在宅勤務も悪くないなと思ってきましたが、慣れてくるとだんだん気が抜けてくることに気付きました。

今回は環境(働く場所)を変えてみると仕事が捗るって話をしたいとおもいます。

環境になれるとつい気が抜けてしまう方はぜひ読んでみてください。

在宅で仕事ができなかったと思い込んでいた理由

まず、僕がこれまでお家では仕事が全然できないと思っていた理由は「誘惑が多いから」です。

なんとも学生がお家で勉強できないって言っているようですねw

しかし在宅でしか仕事ができない状態になると、意外と会社よりも集中できたりするんですね。

仕事する時はプライベートのPCではなく、会社のPCを持ち帰って仕事したり、机の周りのおもちゃをなくしてしまえば、普通の職場と同じように集中できました。

家を遊び場所としてとらえていたから家で仕事がやりにくいだけで、家を職場として考えれば問題ありません。

数回の在宅勤務で「僕は向いていない」と結論出してしまいましたが、何事もまずは続けてみるものですね。

環境変えると働きやすい

在宅での仕事に慣れてくると、やっぱり気が抜けてしまうときがあるんですよね。

そんなときには、仕事する環境変えることで気を引き締めることができます。

この考えがでてきたのは、出張中に緊急事態宣言が出たため、3週間ほどホテルを転々として、ホテル勤務をしていたときです。

ホテルって凄く仕事がしやすいんですよね。

空調設備も完備だし、自分だけの空間なので集中できます。

ホテル内のコンビニやルームサービスを使えば最高の環境です。

このときにオフィスよりも集中できる場所があるのだと思いました。

しかし、すっと同じ場所で作業をすると、どうしてもマンネリ化してしまいます。

そこで、場所をちょくちょく変えると意外と集中しやすかったりするのです。

思い悩んでいたことが解決できたり、いつもと違う視点で仕事に取り組めるのでおすすめの働き方です。

僕の場合、従業員の人数が少ないため、調整したらオフィスに出勤も可能ですので、在宅とオフィスを1週間ごとに変えています。

完全に出勤が禁止されている方は、部屋を変えたりすることでリフレッシュできると思います。

在宅ならベットに寝転がってでもできますからねw

自分にとってのメリデメを考えてみてください。

オフィスにはオフィスの、在宅には在宅のメリットやデメリットがあるのです。

オフィスはもちろん仕事をするための環境が整っていますが、雑談で邪魔しに来る人や集中しているときに突発的な作業が入ったりします。

在宅にはペットや家族が家にいて集中できないこともあると思います。

自分の環境に合った労働場所を選べば、生産性も向上します。

タイトルとURLをコピーしました