コインケースを使った感想

スポンサーリンク

時代はキャッシュレス!となっても現金しか対応していないお店はまだまだたくさんあります。

コンビニに行くときは携帯一つで決済を完結できますが、普段現金を全く持ち歩かないのはまだ難しい所です。

以前、マネーバンドを使っていると紹介をしましたが、小銭入れは持っていなくてポケットやカバンにそのまま突っ込んでいたんです。

ポケットに突っ込んでじゃらじゃらするのもどうかと思い、いい感じのスマートなコインケースを購入しましたので、感想を書いていきます。

小銭って汚れているのでポケットやカバンが黒ずんでしまうのです。

スポンサーリンク

コインホームの紹介

最低限の硬貨しか持ち歩かないため、名刺よりも少し小さめなデザインになっています。

硬貨ごとに入れるポケットが決まっており、1円玉は5枚、5円玉は4枚、10円玉は5枚、50円玉は4枚、100円玉は5枚、500円玉は4枚入れることができます。

各ポケットの両サイドにはゲルのようなものがあり、硬貨側を下にしても落ちることはありません。

ためしに軽く振り回してみましたが、小銭が外れることはありませんでしたのでカバンの中で硬貨がこぼれることはありません。

携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-03・ブラック
旅行用品・旅行小物をお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-03・ブラックを通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。

よかったところ

片手で取り出しが可能

支払い時は片手で硬貨の取り出しができます。

財布だとボタンをはずしたり、チャックを空けたりと両手を使わないといけませんがコインホームは片手で取り出しが可能なためレジで小銭を取り出す時間を短縮できます。

コインホームだと硬貨ごとにポケットが分けられているため、硬貨の有無が一目でわかるため、レジでの支払い時に1円を探すための時間を短縮できます。

持ち運びが便利

名刺よりも小さめなサイズなので、ズボンのポケットに入れてもパンパンにはなりません。

また、カバンの小さなポケットにもすっぽりはいるので持ち運びのストレスは感じられません。

イケてないところ

硬貨の収納に時間がかかる

硬貨を収納する必要があるんです。

財布だとお釣りを受け取ったらそのまま小銭入れに入れればいいのですが、コインホームの場合は各ポケットに硬貨を分けて入れないといけません。

スムーズに硬貨を取り出すために収納しておかないといけないんですが、これが面倒なんですよ。

レジ前でお釣りを各ポケットに収納したら後ろの人の圧がすごいし、歩きながらだと周りの迷惑になるのでその場ではポケットに突っ込んでお家で収納しています。

支払いの短縮と収納の作業を考えると、収納している時間が長いように感じます。

現金のみのお店が多い地域は不向き

地方に住んでいると現金のみのお店が多いのです。

そのため、お札と硬貨が混在する支払い時にもたついてしまいます。

僕の場合マネーバンドからお札を取り出し、コインホームから小銭を取り出して支払うため、支払時の動作が多くなってしまいます。

さらに、お釣りが9,444円とかになると最悪ですw

お札をマネーバンドにしまい、コインホームに硬貨を収納しなければいけません。

はたから見ているとイケてないですよね。

さらに、お釣りが硬貨の収納枚数を超えた場合、ポケットに突っ込むしかありませんw

コインホームはキャッシュレス時代の小銭入れです

キャッシュレス環境が整っており、たまに現金での支払いが発生する方が適正だと思います。

僕はお札と硬貨が混在した支払いを経験してからは、キャッシュレス支払いに対応したお店を選ぶようにしています。

現金での支払いが少ないと頻繁に取り出すこともないので、最低限の硬貨を持ち運ぶだけで済みます。

価格もそこまで高くないので個人的には買ってよかった商品です。

携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-03・ブラック
旅行用品・旅行小物をお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-03・ブラックを通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。
タイトルとURLをコピーしました