オートロック物件について

スポンサーリンク

セールスや勧誘の対応が嫌で引っ越しの条件にオートロック付きを選ぶ方も多いかと思います。

これまでは僕も引っ越す際の条件にオートロック付きを指定していましたが、今回の引っ越しでオートロックなしのアパートに引っ越すことになりました。

自分からオートロック付きの物件に住んでいたのですが、オートロックがあることで自由度が低くなることに気付きました。

スポンサーリンク

オートロックのイケてるところ

対応したくない訪問者を無視できる

一番のメリットです。むしろメリットはこれだけです。

アポなしで来るセールスや勧誘の人を無視できます。

知らない人とオートロックを隔てて通話するのと玄関前で通話するのでは恐怖感が違います。

玄関前まで来られると居留守を使っているのがばれてしまう恐れがありますし、ドアをドンドンたたかれると無視してもストレスが溜まります。

そもそも対応する義務なんてありませんが、居留守を使っていることがばれると何度も来られたり、ノックやインターホンをしつこくならされることがあります。

このような不安や恐怖はオートロック付きの物件だとものすごく軽減されるのです。

さらに、最近のモニターは録画機能もあるので、訪問者もすぐにあきらめて帰ってくれます。

オートロックのイケてないところ

締め出される可能性がある

オートロックを解錠するためには鍵が必要です。

そのため、ゴミ出しやポストから郵便物を受け取るために鍵を持たずに外に出てしまうと締め出されてしまいます。

締め出された場合は、同居者または顔見知りの入居者にインターホンを鳴らして開けてもらうのが最善策です。

誰にも助けを求められない場合は、オートロックの前で待ち構えて入居者に説明して入れてもらうしかありません。

2回ほど入居者が返ってくるまで待ち構えたことがあるのですが、ちゃんと説明するまで、不審者を見るような目でみられますw

生活の自由度が下がる

自分自身で生活を楽にするための手段が使えないことがあります。

例えば宅配ボックスを自分で玄関前に設置したいと思ったときにオートロックがあると、設置を断念しないといけません。

また、スマートロックの導入もオートロックがあるためにあきらめなくてはいけません。

暗黙ルールがある

複数のオートロック物件に住んでいたことがありますが、オートロック物件には暗黙のルールがあります。

外から入ってこようとする人が見えるとオートロックを解除してあげる物件もあれば、内側から見えてても解除せずに、自分の鍵で入ってこないといけない物件があります。

一人暮らし用の物件だと、自分の鍵で解錠してから入る物件が多い気がします。

なにを優先するか決めてください

僕は安全面を優先してオートロック付きにこれまで住んでいましたが、宅配ボックスやスマートロックを導入したいために、オートロックなしの物件に引っ越しを決めました。

確かにオートロックは不要な訪問者から守ってくれますが、その一方で利便性が悪くなります。

実際にオートロックなし物件に引っ越ししてからアポなしの訪問者は増えましたがすべて無視しています。

訪問者を強気で無視できる方はオートロックなしがいいと思いますが、少しでも怖いと思う方はオートロックありがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました