ETCは導入した方がメリットが多いです

スポンサーリンク

今更なことですが、ETCってすごく便利なシステムだと実感しましたので、ETCについて紹介します。

車社会の沖縄でも高速道路を使わない範囲で生活をしていたので、これまでETCを付けていませんでした。

しかし、転職やら引越しやらでとうとう高速を使わないといけなくなったのです。

高速道路を使い始めた時は一般料金所で直接支払いをしていましたが、混雑時に隣のETCレーンがスイスイ通過していくのを見てETC導入を決めました。

スポンサーリンク

イケてるところ

料金所での渋滞をさけられる

これが一番大きなメリットです。

どんなに時間に余裕があっても、やはり渋滞に並んでいるとストレスが貯まります。

一般料金所で支払うとなれば、クレジットで支払う方・万札で支払う方などいろいろな支払い方がありますので、なかなかスムーズに進まないのが現実です。

さらに、一般料金所ではクレジットカードで支払うよりも現金で支払う方が早いのです。

移動時間が短縮できる

渋滞を避けると類似していますが、目的地までの移動時間を短縮できます。

料金所が空いていたとしても一度車を停車させるのか、そのまま直進するのかでは時間の節約具合が違います。

ほんの30秒くらいなんですが、その30秒を短縮することでストレスを避けれるのもメリットだと考えています。

時間の節約で考えると、往復入れて1日1分、年間だと6時間です。大きいですね。

クレジットのポイントを貯められる

料金所はクレジット支払いも対応していますが、現金支払いの方が早いため、あまりクレジットで支払う気にはなりません。

しかし、ETCを取り付けることでサクサクと料金所をくぐりぬけ、さらにポイントももらえるのです。

通勤手当も出る会社だと、ポイントだけもらえるのでお得になりますね。

割引特典がある

登録が必要ですが、通勤に高速を使っている場合は登録した方がお得になります。

10円ごとに1ポイントの付与、さらに通勤・退勤ラッシュ時(平日の6時〜9時、17時〜20時)の利用回数に応じて還元があります。

僕はこの時間帯には使わないのがとても残念ですが。。。

ETCマイレージサービス
ETCマイレージサービスはETCによる高速国道等の通行料金のお支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換いただける年会費無料のサービスです。

イケてないところ

メリットが圧倒的に多いのですが、デメリットも存在します。

導入費用が結構高く、僕は導入に1万5千円かかりました。

自分で設置したかったのですが、車種で高速料金が異なるため、ETCの機器に車種を登録する必要があるみたいですのでお店にお願いしました。

実はETC普及率の低いのです。

沖縄は車社会なのにETC普及率が低く、ETCでレーンで混雑することもありません。

3年前の記事ですが、いつも一般料金所が混雑していますので、今もそんなに変わっていない感じがします。

沖縄の渋滞緩和、ETC利用拡大も必要 利用率は全国の35ポイント低 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 県内の交通渋滞の緩和策を話し合う沖縄地方渋滞対策推進協議会が14日、沖縄総合事務局であり、国や県、県警などの関係機関が渋滞の要因や対策について意見を交わした。今後、国や県の道路整備計画への反映を検討する。

県はETCの普及を頑張っているので普及していくとETCレーンが混雑する日が来ると思います。

それまでは、ETCレーンの混雑緩和になりますね。

タイトルとURLをコピーしました