無駄なソフトのないWindowsをインストールする

スポンサーリンク

WindowsPCを購入したときって○○ユーティリティとか何に使うのかわからないソフトが入っていて邪魔だと思うことありませんか?

自作PCならそんなことに悩むことはありませんが、ノートPCを購入すると必ずと言ってもいいほどメーカー独自のソフトが入っています。

リカバリー領域から工場出荷状態に戻したり、メーカーのリカバリーディスクを使っても消えないのです。

今回はこれらのメーカー独自のソフトをアンインストールするのではなく、何も入っていない状態のWindowsをインストールする方法を紹介します。

方法はMicrosoftからイメージをダウンロードし、インストールメディアを作成してWindowsをインストールします。

PCを購入した状態をまっさらにするので自己責任でお願いします。

ちなみに、僕は重くなったサブのPCでおこなっています。

スポンサーリンク

事前準備

この記事ではインストールメディアの作成はもう1台のWindowsPCでおこないますが、激重じゃない限りはインストールするWindowsPCでおこなっても問題ありません。

用意する物は8G以上のUSBメモリです。

インストールメディアとして使用しますので、中身を空っぽにしてもいいUSBを用意してください。

普段利用しているUSBを使ってしまうと中身がなくなりますのでご注意ください。

インストール方法

公式にしたがって進めました。

Windows 用のインストール メディアを作成する
Windows 7、Windows 8.1、または Windows 10 のインストールや再インストールで必要となるインストール メディアの作成方法について説明します。

僕の進めた方法を紹介します。

Windows10をノートPCに入れ直したいので、Windows10を選択します。

ページ遷移後「ツールをいますぐダウンロード」をクリックしてください。

ダウンロード完了後ファイルを実行し、画面にしたがって進んでください。

注意点として、「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択してください。

操作しているPCにインストールする場合は「このPCを今すぐアップグレードする」を選択してください。

他のPCにインストールをおこなうので、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外してください。

使用するメディアの項目では「USBフラッシュドライブ」を選択してください。

そのまま進み、インストールメディアを作成します。

インストールファイルをダウンロード・メディアの作成に結構時間かかります。

回線速度にも依存します。僕の場合は30分かかりました。

いざ、インストール

用意したUSBメモリをインストールするPCに挿して、BIOSを起動します。

BIOSの起動はメーカーによって異なります。

dynabookの場合はメーカーのロゴが消えたらすぐに「F12」を押すとBIOSが起動できます。

BIOS起動後、「Boot Menu」が表示されますので、「USB Memory」を指定してEnterキーを押してください。

Windowsのインストールが開始されますので、画面にしたがって進めてください。

インストールが完了すると、不要な物が入っていない綺麗なWindowsとご対面できます。

タイトルとURLをコピーしました