ライドシェア反対!について

スポンサーリンク

ライドシェアの解禁について話題になっていますね。Uberについては数年前に記事を読んで知っていましたが、反対運動がおこるまで大事になっていることは知りませんでした。

一般消費者である僕の意見としてはメリットが多いので賛成ですけどね。個人的に面白い記事でしたので簡単にまとめてみました。

なぜ反対運動が起きているの?

まず、日本では一般車両(自家用車)でタクシーの行為をすることが禁止されています。(白タクってやつです)

しかし、このライドシェアは二種免許を持っていなくても(地域や国にもよりますが)お客さんを目的地まで連れていき、料金をもらうシステムです。そのため、料金も通常のタクシーより安く済むことが多いです。

そうなると、タクシー会社が儲からないので「ライドシェア反対!」となっている訳です。

安全性は大丈夫なの?

安全面も気になるところですが、Uber経由でしたらドライバーと乗客の相互評価があり、配車時に評価の高いドライバーを指定することができるようです。ドライバーもUberに登録する際に審査があるようなので、過去に問題を起こしたドライバーは登録ができなかったりします。

このように、安全面に配慮したシステムで、料金が安くなるのなら消費者としては文句ないですね。

反対するタクシー運転手の意見について

ニュースサイトで確認しただけですが、タクシー側の意見としては、「素人の運転は危ない」・「客が流れて生活ができない」という意見が見受けられました。

まず、僕は飲み会の帰りなどにタクシーを利用しますが、タクシーの運転ってあらくないですかw猛スピードで走るし、信号無視するし、一時停止無視するし、片側1車線で停車して交通の流れ妨げるし、、、(沖縄での経験ですが、ほとんどのタクシーがそんな感じです。)

運転のプロであるタクシードライバーも十分に危ない運転をします。

そして客が流れて生活ができない意見については、プロの運転技術(客を不安にさせない)と気遣い(周りの車に迷惑かけない)ができればタクシーを選んで利用する人も少なからずいるはずです。

タクシーの必要性

冒頭でも述べましたが、僕ら消費者側としてはメリットが多いので賛成です。

しかし、ライドシェアによる事故の増加や治安の悪化が問題となれば、やはりプロの運転手であるタクシーが必要になってくると思います。

「反対!」というのは簡単ですが、タクシーならではの魅力を周知するチャンスでもあるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました