Windowsでも開発できます。選択肢にいかがですか?

スポンサーリンク

さて、プログラミングをするのならOSは何がいいでしょうか?

「プログラミング PC おすすめ」などで検索するとものすごくたくさんの記事がヒットすると思います。

今回は一生の課題、プログラミングするならどのPCがいいのか問題について僕の考えをまとめてみます。

結論から言いますと、慣れてしまえばOSなんてなんでもいいです。

なんならコンソール上のviエディタでもちょっとした開発ならできてしまいます。

スポンサーリンク

こんな記事を書く理由

個人的な意見になりますが、Mac一択の状況がすごくムズムズしています。

選択肢にWindowsもあっていいじゃないか!って思うので記事を書きました。

しかしまぁそんなことを言っている僕も実はMacを持っており、職場ではWindows・自宅ではMacで開発を行っています。

たしかにMacはプログラミング初学者にもやさしく、ある程度の開発環境も最初から整っています。

しかし、価格が高いんですよね。

MacBookAirの一番安価なものでも10万を超えます。

ちょっとスペックをあげようとすると、MacBookProまで手が届く価格になり、「どうせProなら高いスペックがいいだろう」と考え始め、結局20万出してしまいます。

Appleの商売上手と言うところでしょうかw

自己投資と納得して購入できる方はいいと思いますが、金銭的に少しでも安く済ませたいって方も多いと思います。

そのため、プログラミング入門としてWindowsも視野にいれて欲しいのです。

PCを選定する際に、安価でスペックの低いwindwosPCからでも十分学習できることを知って欲しいと思っています。

実はwindowsPCでも同じくらいの金額を出せば同等のスペックが組めたりします

Mac押しが多いのが現実

ググったら大半の人がMacを押していると思います。

その理由は、勉強をするための環境が最初からある程度そろっているのでプログラミングの勉強がしやすいからです。

さらに、多くの人がMacを使ってプログラミングをしているため、環境構築などの記事はMacが基準に書かれていることも多いのです。

また、キーボードもタッチがしやすく、ディスプレイも見やすくて操作性がいいんですよね。

Windowsでも問題ないのです

確かにWindowsはMacと比較して環境構築が面倒だったり、メーカー独自のソフトがはいっていることもあり、メーカーによってトラブルの解決手段が異なったりもします。

でも、そこも勉強じゃないですか。

環境構築を経験することで、ミドルウェアやプログラムが動く仕組みを理解することができます。

この経験はエラーやトラブル時の切り分けに役立ちますので、最初はすごく大変だと思いますが経験して損はないと思います。

メーカー独自のソフトについては、OSを入れ直せば不要なソフトが一切ない状態のWindowsにできますのでそこまで問題ではないです。

不要なソフトが一切ないWindowsって低スペックでもサクサク動くんですよ。

用途に合わせて選びましょう

iosアプリを作りたい場合は迷わずにMacを選んで下さい。

またコンテナを複数立ち上げたり、動画編集もやってみたいって方はWindowsだろうがMacだろうが高いスペックのPCを購入して下さい。

リソースが足りず、動かない可能性があります。

プログラミングを勉強する目的で、PHPやjavascriptを勉強したいのならWindowsでも開発できます。

できれば安価で済ませたいって方は一度Windowsも視野に入れてみて下さい。

少しでも安くPCを用意する方法

ちょっとマニアックな話になりますが、中古PCを購入してHDDの換装を行うことである程度サクサク動くWindowsPCが出来上がります。

実際大学生の頃、PCを買うお金がなかったので中古PCを購入してググりながら組み立てたことがあります。

間違って壊すとさらに出費することになりますし、メーカー保証もないのでくれぐれも自己責任でお願いします。

工作が好きな方は、この方法でPC購入費を抑えることができますのでぜひ検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました