未経験の転職市場について

スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

2021初めての記事はちょっと厳しい現実を突きつけるような内容になりますが、今転職を気にしている方の参考になればと思い書きました。

この記事では2年前と今の転職市場の違いや、今転職したいと思っている方はどうしたらいいのかについて書いています。

スポンサーリンク

2年前の転職市場

現状の前に2年前の市場を振り返ります。

僕が転職活動をした際はこんな感じでした。

  • 未経験を採用している企業が多かった
  • 書類審査は半分以上が通過できた(詳しくは一次面接で聞かせてねって感じでした)
  • エージェントや転職サイトに掲載されている企業が多かった

今よりすごく恵まれていたんですよね。

ちょうどエンジニア転職もコロナも流行していませんでしたからね。

2年前の僕の状況

新卒で入社した銀行系SIer企業に4年間勤めていましたが、プログラミングができなかったので転職を決意しました。

当時のスキルはこんな感じでした。

  • プログラミング経験は少しあり
  • DBの構築経験あり・SQLやプロシージャが書ける
  • オンプレミスの構築経験あり(ネットワーク構築・サーバー構築)
  • 営業経験あり(顧客からのヒアリング・見積作成・業務改善の提案など)

こんな感じでWEBプログラミングの知識・経験は皆無の状態でした。

IT業界に勤めていたのである程度経験はあるが、プログラミングは未経験と履歴書に書いて転職活動をしました。

では今はどうなっているのか

コロナの流行により転職市場は一気に変化しました。

今の現状は2年前と真逆です。

  • 未経験者の募集はほぼなし
  • 経験者でも、欲しい人材とマッチしないと採用見送り
  • エージェントや転職サイトが扱っている企業が激減
  • 募集要項の給与が下がっている企業がちらほら(こちらは僕の記憶ベースです)

僕が勤めている会社でもコロナ流行の前までは未経験採用も積極的に行ってましたが、今は募集していません。

採用担当から話を聞いたところ、即戦力になる人材が転職市場に出回らなくなっているそうです。

そのため、転職市場が回復するまで、採用はストップすることにしたそうです。

また、プログラミングスクールの流行に伴い未経験者の応募が殺到するため、募集はストップしているんだそうです。

応募が殺到すると人事の業務が圧迫するそうです。中途採用は即戦力の補充がメインなので未経験採用で業務が圧迫するなら募集しないそうです。。。

ではどうしたらいいのか

今は準備期間

以前転職したいと思ったら今すぐ行動しましょうと記事を書きました。

が、今のこの状況では転職をおすすめすることはできません。

今やるべきことは、転職市場が活発になるか働きたい企業が募集をかけるまで準備をしていることです。

今の企業に勤めながら、時期が来るまでスキルアップをしてください。

実務経験がなくてもプログラミングスキルは勉強して身につけることができます。

転職が厳しいタイミングですが、勉強してポートフォリオを作成し、面接でアピールできようにしてください。

もちろん、肉体的や精神的に追い込まれるくらい辛い思いをしている方は例外ですよ。すぐに行動しましょう。

まずはIT企業に入って業界経験を得るのもあり

どうしても今転職をしたい場合はSIerやSES企業に入社するのもありだと思います。

IT企業での経験が無いのならば、自社開発に固執せずに幅広く経験しておくことで自身のスキルアップにつながります。

前職のSIer企業ではプログラミンはできなかったものの、インフラや保守・運用などを経験していたため、今の職場ではこの時の経験がいきています。

今のこの状況ではSIerやSES企業の募集も減ってきていますので、企業を選んでいると転職はかなり厳しいとおもいました。

タイトルとURLをコピーしました