冬の温度管理について

スポンサーリンク

だんだん寒くなってきましたね。

特に今年は寒くなるのが早い気がします。

去年は1月までパネルヒーターだけで過ごせていましたが、今年は12月から暖突が活躍する冬となっています。

この記事を読んでいただけると、そこまで寒くならない地域での温度管理について知ることができます。

スポンサーリンク

こまめな温度管理が必要

温度が極端に下がる地域だと暖房器具でケージ内の温度を上げればいいのですが、最低気温が10度くらいまでしか下がらない地域だとこまめに管理する必要があります。

室温が20度くらいの時に暖房器具を利用するとケージ内が高温になてしまい、蛇が暑く感じてしまうのです。

主な暖房器具

暖房器具については以下の通りになります。

メリットデメリット
パネルヒーター設置が簡単ケージの底だけが暖まる
暖突ケージ内全体が暖まる室温によって熱すぎることがある
エアコン温度設定が自由にできる電気代が高くなる

パネルヒーター

パネルヒーターは設置が簡単ですが、ケージの底だけが暖まるのでケージ全体を暖めることはできません。

そのため、パネルヒーターだけで冬を越すことは厳しいので、暖突やエアコンと併用して使用することが多いです。

室温が20度くらいならパネルヒーターのみで十分ですが、それ以下になるとパネルヒーター単体では厳しいですね。

暖突

ケージ全体を暖められますが、室温が20度くらいの時に使うと高温になるので注意が必要です。

暖突の真下は30度、一番離れているところは25度くらいになるのを理想にして温度管理をしています。

また、衣装ケースなどで飼育をしている場合は加工作業が必要になる場合もありますので購入前にケージへの取り付け方を確認してください。

暖突の仕様で30度以上にならないように制御されるようですが、うちの子達のように30度を熱く感じてしまう子もいます。

エアコン

室内全体を暖められるので蛇と一緒に暖かくなることができまが、他の暖房器具よりも電気代がかかります。

ただし、飼育数が多い場合はエアコンで管理した方が楽ですし、電気代も安く抑えられます。

暖突やパネルヒーターはケージの数分用意する必要がありますからね

僕の使い方

僕は暖突とパネルヒーターで管理しています。

僕の住んでいる地域(沖縄)では最低気温は10度くらいで、室温は18度くらいになります。

そのため、そこまで寒くない日に暖突とパネルヒーターをフル稼働させてしまうとケージ内が熱くなります。

冬の使い方として、室温が20度未満になると暖突を使い、20度以上だとパネルヒーターのみでの管理をしています。

今住んでいる地域では室内温度は18度以下になったことがないのでフル稼働の実績はありません。

4つ口の電源タップを利用するとすぐに切り替えができますのでおすすめです。

注意点

暖突やエアコンを使用するとケージ内の湿度が下がってしまいます。

湿度があまりにも下がりすぎると脱皮に影響がでますので、霧吹きなどでケージ内の湿度を保つようにしましょう。

僕は50%くらいを保つようにしています。

おすすめの対策は水苔シェルターですね。作り方は過去記事で紹介していますのでよかったら参考ください。

まとめ

暖かい地域では蛇たちの暖房管理が少し大変です。

そのため、以下の点に注意してケージ内を暖めてあげてください。

  • ケージ内が高温にならないように温度管理をすること
  • ケージ内の湿度が下がらないように管理すること

毎朝天気予報と実際の室温を確認して快適な冬を過ごせる環境を用意してあげてください。

タイトルとURLをコピーしました