新卒で入社した会社から転職を決意

スポンサーリンク

 こんちは。ブログ開始から2日目。まだやる気は残っていますのでゴリゴリ書いていきますよー! 今回は数年前に経験した転職について書いていきたいと思います。

 突然ですが、転職考えたことありますか?僕自身入社当時は定年までこの会社で頑張ろう!と思っており、転職なんて考えもしませんでした。

転職を決めた経緯

 IT業界を志望していた僕は新卒で入社した企業でエンジニアになるつもりでした。しかし、実際の業務はヘルプデスクのようなもので、プログラムに触る機会はありませんでした。それでも「自己学習でプログラミングできるならいいや」と満足していました。
 それから数年が経ち仕事もある程度覚えてくると、「僕ってエンジニア?」とか 考えるようになりました。自己学習の時間って仕事している時間より短いし、プログラマーとして仕事している人と比べたらかなわないじゃん!しかも仕事プラス自己学習している人には…って気付いてしまったのですw

このままじゃダメだって気づいた。そしたら動こうぜ!

 僕って決めたらすぐ動いちゃうんです。転職のやりかたもわからないのにwでも意外にサクッと決まりました。志望動機がスキルアップだったこと、 20代前半のIT業界経験者という点が大きかったと利用したエージェントから教えてもらいました。

 転職を考え始めて内定獲得までわずか2か月。自分でもこんなにうまくいくとはおもっていませんでした。ちなみに、今勤めている企業では毎日プログラムに触れて幸せです。

 以上が転職を決意した経緯です。 この記事書くのに1時間かかりましたw疲れたのでここまでにしますw。転職エージェントについてや僕が使った面接でのPR方法など今後紹介していきたいと思います。本日はこのへんで。ではでは。

タイトルとURLをコピーしました