引っ越しに伴う住所変更手続きについて

スポンサーリンク

やっと引っ越しに関する手続きが落ち着きました。ネットに対応していないため、窓口に行って手続きを済ませていました。

これが思ったよりもしんどかったので、住所変更手続きを書き留めます。

e-Govは今回使っていません。

 

住所変更リスト

僕が今回の引っ越しで住所変更の手続きリストです。

  • 住民票の移動
  • 運転免許
  • 銀行
  • 携帯電話
  • クレジットカード
  • 各種保険(医療保険や自動車の任意保険など)
  • 証券会社
  • ECサイト
  • 会社へ報告(保健証など含む)
  • 車検証
  • 郵便局へ引っ越しの報告

引っ越し後すぐに行うこと

住民票と免許証の2つについては、役所と警察署(運転免許センター)に足を運んで変更しないといけません。

 

まず住民票は、旧住所の役所から転出届を出してもらい、新住所の役所に転出届の提出、転入の申請や印鑑証明の登録をします。(転入届は引っ越し後14日以内と決まっています。

 

次に免許書の住所変更については、役場から住民票を受け取り最寄りの警察署で免許証の住所変更を行います。

yasu
yasu

免許書は住民票の代わりになることも多いので変更しておいた方が無難です。

住民票はいちいち取りに行く必要がありますからね!

 

手続きはそんなに大変ではありませんが、待ち時間が長いんです。最初の窓口にたどり着くまでも順番待ちなので、混んでいる時期だと1時間くらいかかるかもしれません。

ちなみに、銀行によりますが僕が利用している地方銀行はインターネットバンキングは対応しているのに、住所変更については窓口での対応でした。

yasu
yasu

窓口に行って手続きを行う際は変更手続き後の免許書、印鑑(銀行印など)を持っていくとスムーズに進めることができます。

 

すぐにではないが、行うこと

携帯電話やクレジットカードの住所情報は急ぎではありませんが、住所変更を行うことをおすすめします。利用明細を郵送にしていると他人に見られてしまいます。

※クレジットカード更新までに変更しないと、前の住所にクレジットカードが届いてしまします。

 

また、保険や証券会社の商品によっては税金控除を受けられますので、年末までには変更して証書などが手元に届くようにしておきましょう。

yasu
yasu

ECサイトについてはデフォルトの住所を変更していないと、前の住所に届いてしましますので注意しましょう。

 

意外と便利な転送サービス

郵便局への引っ越し手続きは必須ではありませんので、意外と見落としがちです。

転送サービスを利用すると手続きから1年間、前の住所に自分宛の郵便物が届くと、引っ越し先に転送してくれる便利なサービスです

国や県からは郵便局を使って届くことがほどんどなのでおすすめのサービスです。

転居・転送サービス

窓口での申請も15分くらいで終わりました。

窓口はめんどくさいですね。

平日の17時までしか対応していない役所や警察署は数年後ネットからでも申請ができるようにしてほしいですよね。(e-Govを簡単に利用したいですね)

そうするとある程度は自動化できますし、混雑によるスタッフの残業も少なるなるのではないでしょうか。

次の引っ越しまでにはネット申請が対応していますように!

 

タイトルとURLをコピーしました