超一流の雑談力

スポンサーリンク

「超一流の雑談力」を読み終わりました。

時間をつなぐだけだと思っていた雑談にこんな意味があったのかと勉強になりました。

雑談とは

雑談とは、笑いをとることではありません。必要なのは笑い(Funny)ではなく興味(Interesting)なのです。
 
相手が気になり、教えてほしいと思う話ほど雑談は盛り上がるのです。つまり実益のある話が大事なのです。
 
雑談ができると、自分に対する印象や評価がガラッと変わる・仕事が驚くほどやりやすくなり、成果も上がります。
 
さらに苦手な人も減り、人間関係で悩まされることがなくなるのです。雑談とは、あらゆる人間関係の入り口になるのです。

雑談がうまくいくには

雑談が苦手と感じる方の特徴

  • 声が小さい、声が低い
  • 話が面白くない(どうでもいいことをだらだら話す)
  • 自分が話すことばかり考えている
  • リアクションがない。またはワンパターン
  • 質問をしない、質問が的外れ
yasu
yasu

すべてが僕に刺さりました。

改善する方法は

  • 声をいつもより3音くらい高くすると効果的です。ドレミファソラシドを声に出してみて、「ファ」か「」くらいが聞きやすい声の高さです。
  • 相手が聞きたいと思う話をしましょう。情報をギブすると相手は話を聞いてくれますし、関係も築きやすいでしょう。
  • 相手の言いたいことを理解して話しましょう。実は相手に話させることも雑談です。話を聞いてもらうよりも、話を聞くことが相手は心を許してくれます。
  • 相槌やうなずきのバリエーションを増やしましょう。ワンパターンだと話を聞いていないと思われてしまいます。
    「なるほどですね」「そうですね」は話を聞いていない人の反応に多いので、「さしすせそ」を使い分けましょう。
    さすがですね。しらなかったです。素敵ですね。センスがいいですね。それはすごいですね。
  • 質問で上手に会話を広げる。目的に近づけるための質問をしたり、相手がしゃべりたくなるような質問をしましょう。
yasu
yasu

上記のことは練習あるのみです。まずは友人との雑談で意識しながら練習してみましょう。

雑談のテクニック

初対面は自己開示をして警戒心をなくしましょう

最初の話題は当り障りのない雑談から入りましょう。「気候・会社の情報・衣服・健康・趣味・ニュース・共通・出身地・血液型」が無難です。
 
また、政治や宗教など議論になりそうな話はさけましょう。
 
初対面では適度な自己開示をすることを心がけましょう。自慢話は避け、軽い失敗談を話しましょう。
 
「飲みすぎて奥さんに怒られてしまいまして・・・」くらいがいいでしょう。
 
注意点は「飲みすぎて遅刻した」などの人間性を疑われる失敗談は言わないようにしましょう。
 
yasu
yasu

遅刻の話は信頼を失うことにもなりますからね。

計画的に雑談を

雑談にもプランが大事なのです。目的を設け、話の終着点をどこに持っていくかがコツです。
 
一つの話題をフックにし、相手の反応を見ながら話題を変えていき相手がどこに引っかかるのか探っていきましょう。引っかかったら話題を深堀していきましょう。
 
相手のキーワードをうまく拾いながら商談にもっていきましょう。商談がうまくいくには雑談が大事なのです。
 
yasu
yasu

これも練習あるのみですね。普段何も考えないで話していたので意識して雑談してみます。

避けた方がいいこと

「なぜですか」はダメ!

この質問をする人は多いのですが、実は相手の負担になるのです。なぜと聞かれると話し手は考えてしまうのです。
 
「なぜですか」と聞くよりもピンポイントで質問しましょう。(例○〇選手はどうして急に強くなったんですかね)
 
yasu
yasu

確かに「なぜ」と聞かれると考えてしまいますね。

知ったかぶりは相手に伝わっている

知ったかぶり、わかったふりでやり過ごすことは相手にも伝わります。
質問して話を広げよう(「〇〇とは××のようなものでしょうか」と自分の解釈や情報を付け加える。)

感想

久々の友人との飲み会は色々な情報をみんなが持っているので盛り上がることが多いですね。
 
しかし、毎日顔を合わせている職場の上司とはその場しのぎの意味のない会話をしていることがありました。
 
この本を読んでいて当てはまることがいくつかありましたので、意識して改善していきたいと思います。
 
最近、一人でもくもくとコード書いていても結局はどの時代もコミュニケーションは大事だと実感することが多々あります。いろんな人と仕事してみたいですね。
タイトルとURLをコピーしました