請求書(自動車税)をpay-easy(ペイジー)で支払ってみた

スポンサーリンク

今さらですが、pay-easy(ペイジー)で支払いをしてみました。

決済手段がクレジットかバーコードのため、自宅に請求書(今回は自動車税の通知書)が届いたのは久々です。

自宅から支払いを済ませることができましたので方法と書き留めます。

pay-easy(ペイジー)とは

ペイジーとは、税金や公共料金、請求書などの支払いをパソコンやスマートフォンから支払うことができるサービスです。(ATMからもできるようですが、今回はパソコンから支払いました。)

「Pay-easyマーク」が付いている請求書が対応しております。

Pay-Easyマーク

Pay-Easyマーク(請求書の右上あたりにあります)

1番の特徴は「自宅や外出先からいつでも支払いができる」です。

※金融機関のサービス中にのみ利用ができます。

支払いの流れ

支払いの流れはすごく簡単です。

インターネットバンキングにログイン後、以下の流れです。

「収納機関番号を入力」→「納付番号を入力」→「確認番号を入力」→「納付区分を入力」→「確認画面にて金額などを確認」→「支払い確定」

請求書に記載されている番号を入力するだけで、支払金額が自動表示されますので、金額の誤入力の心配がありません

支払い確定後は「結果照会」画面にてお取引状況が「完了」になっていれば支払い完了です。 

取り扱い銀行に注意

今回は自動車税の支払いで利用したため、地方銀行とゆうちょのみが取り扱い対象機関でした。

楽天銀行から支払いたかったのですが、請求書の種類によっては対応していない金融機関がありますので、注意が必要です。

※「収納機関番号」入力時に取り扱い対象外の場合はエラーになります。

感想

説明サイトなどを一切見ないで支払いができましたので、比較的シンプルな操作方法となっています。

インターネットバンキングだけでなくATMからの支払いもできるようなので、環境によって使い分けたいですね。

ちなみに、GWの中日に支払いましたが、リアルタイムで支払い完了できました。

また、2019年7月2日までにペイジーで支払うと1万円が当たるそうですw

 

タイトルとURLをコピーしました