【AWS】EC2を作成してみる

スポンサーリンク

セキュリティ設定、VPCを作成したら、EC2を作成してみましょう。

以下の記事も参考にしてみてください。

この記事ではパブリックネットワークにEC2を作成し、SSHで接続まで行います。

※2019年05月時点の環境になります。

EC2作成手順

まずはEC2画面を開きます。サービスから開いた方が簡単です。

 

「インスタンス」メニューを選択し、「インスタンスの作成」をクリックします。

 

AMIを選択します。

ここでは無料枠で使える「Amazon Linux AMI」を選択しました。

※2つありますが、WEBサーバーとして利用するためこのAMIを選択しています。

 

インスタンスタイプも無料枠を選択します。

 

右下の「次の手順:インスタンスの詳細の設定」を押します。

※この後、詳細設定を行うので「確認と作成」をクリックください。クリックするとインスタンスの作成が開始されます。

 

「ネットワーク」には作成するVPCを選択、「サブネット」は「パブリックサブネット」を選択、「自動割り当てパブリックIP」を有効にします。

ネットワークインターフェイス(画面下)にプライマリIPを入力します。

※「自動割り当てパブリックIP」はインスタンス起動時に動的にIPが付与されます。再起動するたびにIPは変更されます。

 

右下の「次の手順:ストレージの追加」をクリックします。

 

「ストレージ」を選択します。

ボリュームタイプは「汎用SSD(gp2)」を選択します。(無料枠です)

 

「次の手順:タグの追加」をクリックします。

 

任意の値を入力し、「次の手順:セキュリティグループの設定」をクリックします。

※「別のタグを追加」を押すと入力フォームが表示されます

 

セキュリティグループの設定で、「新しいセキュリティグループを作成する」を選択し、「セキュリティグループ名」を入力します。

「確認と作成」をクリックします。

 

内容を確認し、「起動」をクリックします。

 

キーペアの作成を行います。

新しい「キーペアの作成」を選択し、「キーペア名」を任意で決めます。

その後、「キーペアのダウンロード」をクリックし、ダウンロードを行います。

※このキーペアは今後EC2にSSHで接続するために必要ですので、大切に保管してください。

ダウンロード後「インスタンス作成」をクリックします。

 

以下の画面が表示されますので、「インスタンスの表示」をクリックし、作成まで待ちます。

インスタンス起動の確認

「インスタンスの状態」が「running」、「ステータスチェック」が「2/2のチェックに合格しました」になっていることを確認してください。

※リロード(F5)するとステータスが更新されます。

インスタンスの停止方法

インスタンスを選択した状態で、「アクション」→「インスタンスの状態」→「停止」で停止できます。

※有料のインスタンスは起動時間で課金されるため、停止を忘れないようにしましょう。

SSHで接続してみる

では、実際にローカル環境からSSHしてみましょう。

ツールはなんでもいいのですが、僕はTeraTermを使っています。

 

接続先のIPを調べるために、EC2画面で「インスタンス」メニューを選択し、接続するEC2にチェックを入れます。

下に表示される設定に「IPv4 パブリックIP」を控えてください。 

TeraTermを起動し、「ホスト」に上で調べたIPアドレスを入力します。

 

ユーザ名に「ec2-user」と入力し、秘密鍵にダウンロードしておいたキーペアを指定します。

 

これで接続完了です。

タイトルとURLをコピーしました