【AWS】EC2にWEBサーバー(Apache)を構築する

スポンサーリンク

本記事では、作成したEC2にWEBサーバー(Apache)をインストールし、パソコンからアクセスしてみます。

前提条件として、既にEC2インスタンスが作成・起動中であること、EC2インスタンスにSSH接続ができていることを前提に進めていきます。

※AWSの画面構成は2019年05月時点になります。

※EC2の作成方法などは以下の記事をご覧ください。

Apacheインストール手順

Apacheをインストールします。
sudo yum -y install httpd
 
Apacheを起動します。
sudo service httpd start
 
サービスを自動起動にします。(サーバー起動時にWEBサーバーも起動させる)
sudo chkconfig httpd on
※サーバーを起動させてもサービスが起動していないとWEBサーバーとして機能しません。自動起動に設定して、サービスの起動忘れを防ぎます。
 
確認コマンド
sudo chkconfig –list httpd
以下画像のように、「2~5がon」になっていることを確認してください。」
 
プロセスを確認します。
ps -ax
※ps -ax | grep httpd でプロセスを「httpd」に限定できます。
 
ちゃんとポートが空いているか確認します。
sudo lsof -i -n -P | grep LISTEN
 
yasu
yasu

lsofコマンドはオープンしているファイル(通信を待ち構えている)を確認するコマンドです。以下の画像では80番ポート(HTTP)がLISTENしていますね!

セキュリティーグループの設定

では早速ブラウザから接続をしてみたいところですが、今の設定のままだと接続はできません。

理由はセキュリティグループでSSHからの接続のみを許しているからです。

 

それではHTTPでの接続ができるようにセキュリティグループを設定していきます。

「セキュリティグループ」メニューから対象のセキュリティグループを選択します。

下画面に設定内容が表示されるので「インバウンド」タブから「編集」をクリックします。

 

「ルールの追加」からHTTPを追加します。

接続してみましょう。

自分のパソコンから接続してみましょう。

ブラウザのURLにEC2のIPを入力します。

yasu
yasu

EC2→「インスタンス」メニュー→対象のインスタンスにチェック→下画面にある「IPv4 パブリック IP」がIPアドレスになります。

 

DNSホスト名からアクセスできるようにする

ちょっとおまけでインスタンスにホスト名を設定し、アクセスできるようにしてみましょう。

「VPC」メニューから対象のVPCを選択し「アクション」から「Edit DNS hostnames」を選択します。

「DNS hostnames」にチェックを入れます。

設定完了画面です。

これでDNSホスト名でアクセスできます。IPアドレスと同様にURL欄にDNSホスト名を入力します。

yasu
yasu

EC2→「インスタンス」メニュー→対象のインスタンスにチェック→下画面にある「パブリック DNS (IPv4)」がDNSホスト名になります。

 
タイトルとURLをコピーしました