【AWS】プライベートサブネットを作成する

スポンサーリンク

この記事ではプライベートサブネットを作成します。

プライベートサブネットには外部からアクセスされたくないサーバーなどを立てたりします。

今後は今回作ったプライベートサブネットにRDSを作成してEC2と通信させる予定です。

※既にVPCでパブリックサブネットが作成されていることが条件となります。

プライベートサブネット作成手順

RDSを作成するため、プライベートサブネットを2つ作成します。

 

サービスからVPCを選択し、「サブネット」メニューからプライベートサブネットと関連付けるパブリックサブネットを選択し、下画面に表示されるVPCとアベイラビリティーゾーンを確認(メモ)します。

※プライベートサブネットを作成するVPCのIDとアベイラビリティーゾーンでもOKです。

 

サブネットの作成をクリックします。

 

メモしていたVPC、アベイラビリティーゾーンを指定し、ほかの項目も入力します。

 

サブネットの作成が完了です。

 

RDS用にもう一つサブネットを作成します。

ここでの注意点はアベイラビリティーゾーンを1つ目のプライベートサブネットとは別にしてください。

また、「IPv4 CIDRブロック」も分ける必要があります。

サブネットグループを作成する

サービスから「RDS」を選択し、「サブネットグループ」メニューから「DBサブネットグループの作成」をクリックします。

 

メモしていたVPCを入力し、ほかの項目も入力します。

 

「サブネットの追加」項目で作成したサブネット2つを追加します。

 

サブネットグループが作成されます。

タイトルとURLをコピーしました